So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

旧友からの手紙。 [プレイログ]

この前の金曜日、以下のようなメールが届きました

はせどんさん

PLAYLOGからのお知らせです。
From: PLAYLOG事務局
Date: 2010-08-27 10:00
Subject: [PLAYLOG] 祝:100000アクセス達成のお知らせ


はせどんさん こんにちは、PLAYLOG事務局です。

おめでとうございます。
はせどんさんのページ全体のアクセス数が100000アクセスを達成しました。
その訪問者はゲストさんでした。


私がここを離れて、アメブロへ引っ越した後にも、訪問してくださっている方がいたんですね

何だか、たった半年前のことなのに、古い友人から手紙が届いたような、とても懐かしい気分になりました


みなさん、お元気ですかー?

私は元気に、向こうでブログを書き続けていますよ。

今度は200000アクセスとかに、キリ番を設定しておこうかな。

そうしたら、何十年後かに、またキリ番達成メールをもらえるかも知れませんね(笑)。


今の住所は、コチラですよ
 ↓
http://ameblo.jp/masayan-hasedon/

さようなら。 [プレイログ]

突然ですが、この度、PLAYLOGを去ることにいたしました。

理由はいろいろあるんですが、うーん、一言でいうと、「向こうの方が楽しそう」だからかな。

今まで約4年間、本当にありがとうございました。

私は、新しいところで、またブログを書き続けます。


退会は、いたしません。

入院中にPLAYLOGを始めて、更生ホームに移り、そして自宅復帰という、劇的な生活環境の変化があったこの4年間の記録と、みなさまからいただいた暖かいハートやコメントの数々。

それらを消し去ってしまうことは、私にはできません。


また時々、おじゃますることがあるかも知れませんが、その時は、別の名前になってるかな。


新しいブログの住所は、こちらです。

たまにでも、読みに来てくれたらうれしいです。


それでは、みなさん、さようなら。元気でね!

リーマン・ショックってなに? [時事ネタ]

今日は先週に引き続き、ちょっと難しいお話です。興味のない方は、スルーしてください(笑)。

先日下の息子に、「リーマン・ショックってなに?」と聞かれてしまいました

「リーマン・ショック」。

確かに、ニュースなんかでよく耳にしますが、この質問に、的確に、子供にも分かるように答えられる人って、どの位いるでしょう?

その時の私の答えは、こう

「リーマン・ブラザーズっていうアメリカの証券会社がつぶれちゃったんだ。それで、『風が吹けば桶屋が儲かる』って知ってるか? そういうことが世界中で起こって、世界中の景気が悪くなっちゃったんだよ」。

「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざ自体を「知らない」と言う息子には、この答えでは何のことやら、さっぱり分からなかったようですが、「それは自分で調べてみろ」と、はぐらかしてしまったのでした

「風が吹けば桶屋が儲かる」というのは、ご存知ですよね。
風が吹くと砂埃が舞う。

砂埃が舞うと、人の目に入る。

目に入ると、盲人が増える。

盲人が増えると、三味線で生計を立てる三味線弾きが増える。

三味線弾きが増えると、三味線の需要が増える。

三味線には猫の皮が張られるので、猫が獲られて、猫が減る。

猫が減ると、ネズミが増える。

ネズミが増えると、桶がかじられ、桶の需要が増える。

桶屋の注文が増え、桶屋が儲かる。

とまぁ、こんな具合に、ある現象が回りまわって、予想もしないところに影響を及ぼすことの例えです

何だか、「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」という、「バタフライ・エフェクト」にも似ていますね

最近では、「チリで地震が起こると、日本に津波が押し寄せる」とも言うようです(これは、笑い事じゃありません)。


でまぁ、「リーマン・ショック」を正確に答えられなかった私は、そんな風にお茶を濁してしまったのですが(笑)、本当のところはどういうことだったのでしょう


リーマン・ブラザーズは、サブプライムローンを、世界中のファンドに債権として販売していました



でも、元々は自分のお金じゃなく、借りたお金で、サブプライムローンという危険極まりない融資をしていました

サブプライムローンについての説明は、こちら。



しかし、2006年、アメリカの住宅バブルがはじけて、結局サブプライムローンという債権は回収困難になり、紙屑同然。リーマン・ブラザーズは2008年9月、借金を返せなくなって倒産してしまいました

そこで何が起こったか? ここからが、「風が吹けば…」のお話になります。
ニューヨーク株価が全面安。
(サブプライムローン問題は終わっていなかったのか?という投資家の不安から。「相場は気から」と言いますよね)

日本国内株式市場に投資している外国の機関投資家が、売りをして現金を確保したらしい。
(世界的に金融不安になっているため、日本株も下がりそうだから、現金にしておきたい)

一般投資家も値下がりに対応して、リスクを避けるために売却。

日本国内株式も、業績にかかわらず全面安。

当時の日経平均株価。

株価が下がると、株で運用をしている銀行の資金繰りが悪化。
企業も年金基金などの含み損が増え、業績が悪化。設備投資や雇用を控えるようになる。

銀行は簡単にはお金を貸さなくなる。特に中小企業などに。
企業は業績を回復させるために、リストラや派遣切り、内定取り消しなどを行なう。
倒産する企業も増える。

失業者が増える。
給料も下がる。

モノが売れなくなる。

企業の業績はさらに悪化。悪魔のサイクルに陥る。

私の説明も、あながち間違いじゃなかったようですね。でもやっぱり小学校4年生には、ちょっと難しいなぁ

実際にはもっと複雑で、かなり省略している部分もありますが、大人の私にも、かんたんには理解し難いお話です

でもこういうことは、ちゃんと理解しておかないと、結局自分が損をするハメになる

しっかり勉強して、知恵をつけておかなくちゃね

「知」について調べてみました。 [日々の暮らし]

今日で如月2月も終わり。明日からいよいよ弥生3月ですね

さて、先週UPさせていただいた記事の、何人かの方のコメントで、「知識」と「知恵」や「知性」とはどう違うのだろう、という疑問を持ってしまいました

そこで、早速、「知」に関する言葉について、調べてみました
(「大辞林 第二版」 より)

まずは、「知」から。
知/智

(1)物の道理を知り、正しい判断を下す能力。儒教における五常の一。
(2)〔哲〕
 (ア)「知識(5)」に同じ。
 (イ)知識を獲得するはたらき。
(3)〔仏〕〔梵 jna〕慧(え)の一。真理に従って判断し、煩悩(ぼんのう)を打ち消す精神のはたらき。《智》

「儒教における五常」というのは、「五常の徳」と言われるもので、「仁」「義」「礼」「知」「信」の5つのことです。里見八犬伝を知ってる方なら、ご存知ですよね

「知」に煩悩を打ち消すはたらきがあるとは、知りませんでした。すごい!

続いて、「知識」。
知識

(1)ある物事について知っていることがら。
(2)ある事について理解すること。認識すること。
(3)知恵と見識。
(4)知っている人。知人。友人。
(5)〔哲〕〔英 knowledge; (ドイツ) Wissen〕認識によって得られた内容。厳密には、独断・空想などと区別される真なる認識によって得られた客観的に妥当な命題ないしは命題の体系をいう。あやふやな信念と区別され、一般に「正当化された真なる信念」として定義される。
(6)〔仏〕(普通「智識」と書く)
 (ア)仏道に教え導く指導者。導師。善知識。
 (イ)善業(ぜんごう)を積むため、寺院や公共物の建設に金品を寄付すること。
 (ウ)心が、その対象物を、心の外にある実在物とみなす働き。

哲学や、仏教の用語になると何やら難しくなりますが、要するに、知っていること、という意味ですね


では、「知恵」は?
知恵

(2)事の道理や筋道をわきまえ、正しく判断する心のはたらき。事に当たって適切に判断し、処置する能力。

(1)と(3)は、やはり哲学と仏教の話になってしまうので、カット。

「筋道をわきまえ、正しく判断する」とは、まさに、寅さんの言っていること、「自分の頭できちんと筋道を立てて、はて、こういう時はどうしたらいいかなと考えることができるんだ」という通りですね。勉強するとは、やっぱり単に「知っている」ことではなく、「知恵」を身につけることなんですね


それじゃぁ、「知性」は?
知性

(1)物事を考え、理解し、判断する能力。人間の知的能力。
(2)感覚によって得られた素材を整理・統一して、新しい認識を形成する精神のはたらき。

「考え、理解し、判断する」というのも、「知恵」と同じような意味ですね。

やっぱり寅さんは、勉強すれば、「知恵」や「知性」が身につく。そのために勉強をする、と言っていたんですね

思わず、深く考えてしまいました(笑)。でも、勉強になったでしょ?


ちなみに、そんな「知」を愛するという場所があります。素晴らしい

語源は、あまり関係ないようだぎゃなぁ…(笑)。

愛知県」。

なぜ、勉強? [日々の暮らし]

下の息子が、今月、10歳の誕生日を迎えました

と思ったら急に「塾に行きたい」と言い出し、早速先週から、某有名学習塾に通い始めたのです。

家でも、しばしば机に向かって、勉強する姿を見かけるようになりました

これはどうしたことだ? 何が息子にあったのか?

「どうして塾に行きたくなったの?」

と聞いても、

「うん、まぁ、ちょっと…」

と、はっきり教えてくれません。

明確な目標もなく塾へ行くなんていうことは、あんまりいいことじゃないような気もしますが、まぁ、今まで野球ばっかりで、勉強なんてほとんど関心がないように見えた息子が、せっかくやる気をだし始めたのだから、親としては、やっぱり最大のバックアップをしてやろうと思います


ところで、どうして勉強しなければいけないのか。

この質問に、スッと答えられる人は、意外と少ないんじゃないでしょうか。

かの有名な「学問のすゝめ」の中で、福沢諭吉さんは、「天は人の上に人を造らず,人の下に人を造らず」に続いてこう述べています

「実語教に,人学ばざれば智なし,智なき者は愚人なりとあり。されば賢人と愚人との別は,学ぶと学ばざるとに由て出来るものなり」。

人は皆、平等に生まれてくるが、賢人と愚人の違いは、勉強をしたか、しないかによって決まる、と言っているのです

ちなみに「実語教」というのは、「山高きが故に貴(たっと)からず。木有るを以て貴しとす」で始まる、平安時代末期から明治初期にかけて普及していた庶民のための教訓を中心とした初等教科書だそうです。勉強になりました?(笑)


同じ質問に、もっと端的に答えている人がいます

甥の満男の質問に対して、あの寅さんが、こう答えています

「人間長い間生きていりゃ、いろんなことにぶつかるだろう。そんな時、俺みたいに勉強していないやつは、この振ったサイコロの出た目で決めたり、その時の気分で決めるよりしょうがないんだ。ところが、勉強したやつは自分の頭できちんと筋道を立てて、はて、こういう時はどうしたらいいかなと考えることができるんだ」。



さすが寅さん、いいこと言いますね。そうなんです。勉強するのは、決してテストでいい点を取ったり、偏差値の高い学校へ行くためではありません

確かに、国語や英語、数学の知識なども必要ですが、何の知識が役立つかは、人それぞれです。英語なんて、全く必要としない人もいるでしょう。

でも、寅さんの言う、きちんと筋道を立てて、つまり論理的に考えて、正しい結論を導き出せる力を養う。こういう力を養う訓練をするために、勉強をする。これは、とても大切なことだと思います


いずれにしても、お兄ちゃんに続いて、次男坊も塾通いを始めました。

君が今、やっていること、頑張っていることは、決して無駄じゃない。将来、きっと役に立つ。お父さんは、応援してるぞ

「なんでこんな一段一段なんだろう」。 [時事ネタ]

うーん、惜しかったなぁ

バンクーバー五輪の、上村愛子さん



長野で7位、ソルトレイクで6位、前回トリノで5位。

そして今回は4位。

「なんでこんな一段一段なんだろう」。

人生なんて、そんなもんだよ

君はよくやった。素晴らしい滑りで、感動させてくれた

次のソチ大会では銅メダル間違いなしだね

前回4位だったダンナの皆川くんも、これで今回メダル決定だ

君の涙は、決して無駄じゃない

君は、確実に進化し続けているんだ。


でも、金メダルに到達するのは、2022年。42歳で、大丈夫かな?

「頑張れ」!? [時事ネタ]

横綱・朝青龍関が引退しました

一部報道によると、「頑張ってください」と言われたことに対し、「おれに頑張れとは何だ」と激高し、その男性を殴ったと言われています

この、「頑張る」という言葉、私のデジタル大辞泉でひくと、「困難にめげないで我慢してやり抜く」とあります

私も、障害を負って、こんな身体になってしまってから、何人もの人に、「頑張れ」「頑張ってね」「頑張ってください」と、励ましの言葉をもらいました。そう言われると、正直、嬉しかったし、「まだまだやれることはあるんだ。もっともっと頑張らなきゃ」という気になったものです

でも、人によっては、「俺はこんなに頑張っているんだ。これ以上、何を、どう頑張れと言うんだ」と、反感を持ってしまうこともあるようです

確かに、数々の「困難にめげず」に、いろんなことを「我慢してやり抜いて」きた人に、安易に「頑張れ」と言う言葉は、酷なのかも知れません。実際、以前私がいた更生ホームにも、「頑張れ」と言われるのが一番嫌だ、と言っている人がいました

今現在、困難に直面しているハイチの人々にも、とても「頑張れ」なんて言えません。

「頑張れ」は、他人に言うのではなく、自分自身を奮い立たせる言葉として使った方がいいのかも知れませんね

じゃあ、人を励ますには、何と言ったらいいのでしょう?

最近、キットカットのCMでも、受験に臨む北乃きいちゃんに贈る言葉としてやってましたが、こんな言葉はどうでしょう

大丈夫だよ / 川嶋あい





今の朝青龍に、聴かせてあげたい歌ですね

THIS IS IT DVD! [映画]

届きました!

"Michael Jackson's THIS IS IT DVD DELUXE COLLECTOR'S EDITION"



特典映像付き2枚組みです

やっぱり、MJは、すごいアーティストだったんですね。

特典映像の中のインタビューで、誰かが言ってました。

「神は、100年に1度くらい、特別な人をこの世に送り込む。それが彼だ」

まさに、彼は「特別な」アーティストでした。

映画館で見たけれど、やっぱり家で何度も見られるのは、いいものです。

本当に、何度見ても飽きない、すごいダンスと、歌と、映像です。


キューを出すタイミングとか、コーラスとか、バンドの演奏とか、細部にまでこだわる彼の姿勢。

"I love you" という、慈愛に満ちた心。

そして、この美しい地球を守りたい、というメッセージ。


どれも、Michael Jacksonという「特別な」人物を表しています。


この映画の監督、ケニー・オルテガに、「完璧な曲だ」と言わしめた、"Billy Jean"をよかったら、どうぞ。昔の動画ですが、彼のダンスと歌は、健在でした。



本当に、惜しい人を亡くしました。

いまだに、MJのいない世界であることが、信じられません…。

ハイチで起きていること。 [時事ネタ]

''ハイチ地震、死者11万人超に=内務省が確認''
 【サンパウロ時事】大地震に見舞われたハイチの内務省は22日、これまでに11万1499人の死者が確認されたことを明らかにした。AFP通信が同省声明の内容として伝えた。現時点での負傷者は19万3891人で、60万9000人以上が屋外生活を強いられているという。
 ただ、AFPは、首都ポルトープランス市内では、引き取り手もなく路上などに放置された遺体を被災者自身が焼却していると伝えており、被害の全容は依然不明。地震発生から丸10日が経過し、がれきの下に埋まった生存者の発見の可能性はますます低下している。(2010/01/23-10:59)

今月12日にハイチで起きた地震の被害は、想像を絶するものとなっているようです。

今日のロイターでは、死者は12万人を超えたとか…。

ハイチは、人口の約半数が18歳未満の子供です。

また、約1000万人の人口のほとんどは、1日の生活費が2ドル以下という、中南米の最貧国だそうです。

そんな国を襲った大地震。

日本では、鳩山さんが母親から12億円ももらっていたとか、小沢さんが4億円の土地を買っていたとか、そんなニュースばかりですが、このカリブ海の小国では、まさに未曾有(「みぞーゆー」じゃないですよ!)の大惨事が起きているのです。

ユニセフや、国境なき医師団では、それぞれのホームページで、その活動内容や、寄付の呼びかけを行なっています。

この国の子供たちを、一刻も早く、一人でも多く、救いたい。

そんな思いで、奮闘している人たちも、大勢いるのです。
「ここには遺体安置所もありません。遺体もテントの脇に山積みにされています。今日、手術室が設置され、主に手足を切断する手術をしています。というのも、多くの犠牲者が地震によって砕かれた手足の傷に苦しみ、さらにその傷から病気に感染し、生命を脅かしているからです。今のところ、病院には、この他の手術をする余裕はありません。あらゆる医療物資が不足しています。」

こんなことが、現実に起きているのです(ユニセフのサイトより)。

あなたは、どう思いますか?

先週末のラッキー! [音楽]

先週の連休は、久々に、ほとんどパソコンに触らないで過ごしました。

土曜日は、六本木のmorph-tokyoに、♪れいさんのライブを聴きに
ログ友であり、私の家に来てくれるヘルパーさんでもあるうさぎさんと、また一緒に行きました

♪れいさんは、今回はお正月らしく? 紅白の衣装で登場。最初から新曲です。なんだか、またパワフルになった感じで、楽しいおしゃべりも交えながら、あっという間の30分? 45分くらいだったかな? またまたたくさんの元気と、生きる勇気をいただきました

今回は時間がちょっと遅かったので、お茶会はご遠慮したのですが、お茶会そのものをやらなかったみたいですね。私に気を遣ってくれたのかな。でも、帰りは5時過ぎですっかり暗くなっていて、Tokyo Midtownのイルミネーションがとってもきれいでしたよ


そして、その翌日から、「さがみ緑風園」に短期入所に。火曜日まで有給をいただいて、今回も2泊3日を過ごしてきました

その「さがみ緑風園」で、たまたまラッキーなことに、ピアノ演奏とソプラノ歌手の方によるミニ・コンサートを聴くことができたんです

ピアニストは、今野尚美さん。


あとでネットで調べてみたら、すごい経歴の持ち主なんですね。英国王立音楽院に留学して、首席卒業後、同大学院に進みディプロマを得て卒業とか

ソプラノは、小林桂尉子さん。


この方も、横浜のみなとみらいにあるパン パシフィック横浜ベイホテル東急なんかで歌っている、日本声楽コンクールで3位に入ったという実力の、プロの歌手です

歌ってくださったのは、「星に願いを」とか「ムーン・リヴァー」などの、主に英語のスタンダード・ナンバーでしたが、一曲だけ、オーディエンスの年齢層を考慮して、「北の宿から」を披露してくれました。ソプラノ歌手が、演歌ですよ! すごいですね

その中で、特に心に残ったのが、ケルティック・ウーマンの「You Raise Me Up」です。歌詞も紹介してくれて、とってもいい歌なんだな、と感動してしまいました

私のナンチャッテ訳をご紹介します。
When I am down and, oh my soul, so weary;
When troubles come and my heart burdened be;
Then I am still and wait here in the silence,
Until you come and sit awhile with me.

落ち込んで、心の底から疲れきってしまったとき
困難がおとずれ、重荷を背負ってしまったとき
静けさの中で、じっとここで待つの
あなたが来て、しばらくの間、座ってくれるまで

You raise me up, so I can stand on mountains;
You raise me up, to walk on stormy seas;
I am strong, when I am on your shoulders;
You raise me up... to more than I can be.

あなたがいてくれるから、高い山の上に立つこともできる
あなたが励ましてくれるから、荒れた海を渡ることもできる
あなたと一緒なら、強くなれる
あなたの力で、できないことだってできるようになるのよ

「You Raise Me Up」と言えば、荒川静香さんのトリノ・オリンピックでのエキシビジョンで使われて、有名になった曲ですよね



やっぱりこれは、金メダルに値する、素晴らしい演技です

バンクーバー・オリンピックまで、一ヶ月をきりました。日本選手には、ぜひがんばってもらいたいものです

あれ? 何の話だったっけ?(笑)。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。