So-net無料ブログ作成
検索選択

リーマン・ショックってなに? [時事ネタ]

今日は先週に引き続き、ちょっと難しいお話です。興味のない方は、スルーしてください(笑)。

先日下の息子に、「リーマン・ショックってなに?」と聞かれてしまいました

「リーマン・ショック」。

確かに、ニュースなんかでよく耳にしますが、この質問に、的確に、子供にも分かるように答えられる人って、どの位いるでしょう?

その時の私の答えは、こう

「リーマン・ブラザーズっていうアメリカの証券会社がつぶれちゃったんだ。それで、『風が吹けば桶屋が儲かる』って知ってるか? そういうことが世界中で起こって、世界中の景気が悪くなっちゃったんだよ」。

「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざ自体を「知らない」と言う息子には、この答えでは何のことやら、さっぱり分からなかったようですが、「それは自分で調べてみろ」と、はぐらかしてしまったのでした

「風が吹けば桶屋が儲かる」というのは、ご存知ですよね。
風が吹くと砂埃が舞う。

砂埃が舞うと、人の目に入る。

目に入ると、盲人が増える。

盲人が増えると、三味線で生計を立てる三味線弾きが増える。

三味線弾きが増えると、三味線の需要が増える。

三味線には猫の皮が張られるので、猫が獲られて、猫が減る。

猫が減ると、ネズミが増える。

ネズミが増えると、桶がかじられ、桶の需要が増える。

桶屋の注文が増え、桶屋が儲かる。

とまぁ、こんな具合に、ある現象が回りまわって、予想もしないところに影響を及ぼすことの例えです

何だか、「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」という、「バタフライ・エフェクト」にも似ていますね

最近では、「チリで地震が起こると、日本に津波が押し寄せる」とも言うようです(これは、笑い事じゃありません)。


でまぁ、「リーマン・ショック」を正確に答えられなかった私は、そんな風にお茶を濁してしまったのですが(笑)、本当のところはどういうことだったのでしょう


リーマン・ブラザーズは、サブプライムローンを、世界中のファンドに債権として販売していました



でも、元々は自分のお金じゃなく、借りたお金で、サブプライムローンという危険極まりない融資をしていました

サブプライムローンについての説明は、こちら。



しかし、2006年、アメリカの住宅バブルがはじけて、結局サブプライムローンという債権は回収困難になり、紙屑同然。リーマン・ブラザーズは2008年9月、借金を返せなくなって倒産してしまいました

そこで何が起こったか? ここからが、「風が吹けば…」のお話になります。
ニューヨーク株価が全面安。
(サブプライムローン問題は終わっていなかったのか?という投資家の不安から。「相場は気から」と言いますよね)

日本国内株式市場に投資している外国の機関投資家が、売りをして現金を確保したらしい。
(世界的に金融不安になっているため、日本株も下がりそうだから、現金にしておきたい)

一般投資家も値下がりに対応して、リスクを避けるために売却。

日本国内株式も、業績にかかわらず全面安。

当時の日経平均株価。

株価が下がると、株で運用をしている銀行の資金繰りが悪化。
企業も年金基金などの含み損が増え、業績が悪化。設備投資や雇用を控えるようになる。

銀行は簡単にはお金を貸さなくなる。特に中小企業などに。
企業は業績を回復させるために、リストラや派遣切り、内定取り消しなどを行なう。
倒産する企業も増える。

失業者が増える。
給料も下がる。

モノが売れなくなる。

企業の業績はさらに悪化。悪魔のサイクルに陥る。

私の説明も、あながち間違いじゃなかったようですね。でもやっぱり小学校4年生には、ちょっと難しいなぁ

実際にはもっと複雑で、かなり省略している部分もありますが、大人の私にも、かんたんには理解し難いお話です

でもこういうことは、ちゃんと理解しておかないと、結局自分が損をするハメになる

しっかり勉強して、知恵をつけておかなくちゃね
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 10

river883R

私にも分かる説明で、有り難う御座います[嬉しい顔]

景気ってその国だけの問題だけでは無いのですねぇ。
やっぱりアメリカは凄い。
で、これからの中国はもっと凄くなるでしょうね。
by river883R (2010-03-07 15:42) 

はせどん

>river0306さん
わかっていただけましたか!
今の経済は、グローバル化していて、一国だけの問題では
済まないんですね。
中国は、GDPが今年日本を抜いて、世界第2の経済大国に
なるのは確実と言われています。
その中国でも、不動産バブルが起こっているとか…。
心配ですね[ふらふら]。
by はせどん (2010-03-07 17:48) 

ヒサ

お金がお金を直接生み出す構図はありえないです。

情報と数字だけで想像できないくらいのお金を動かして、
利ざやを稼ぐシステムが破綻したんでしょう。
会社の価値はそんなに早く変わることはないと
思いますです・・・
by ヒサ (2010-03-07 21:15) 

はせどん

>ヒサさん
メーカーに勤める人間にとっては、「ありえない」話ですよね。
モノを作ってなんぼ、の世界ですから。
でも、モノづくりも、やっぱりお金の動きに支配されているんだ
なぁと、実感しましたよ。
なんか、間違っているような気はしますけどね…。
by はせどん (2010-03-07 21:35) 

ひもなしパンツ

=====
「風が吹けば桶屋が儲かる」
=====
この言葉を知っているかどうか、職場の若い人たちに投げかけてみたくなりました[嬉しい顔]
by ひもなしパンツ (2010-03-07 22:33) 

ブラックアビブ (旧名 本物ホネツギマン)

ホンと池上さんとダブりますよ。お勉強になります。[嬉しい顔]
by ブラックアビブ (旧名 本物ホネツギマン) (2010-03-08 08:12) 

うさぎ

知ってるつもりになってることって多いですよね[嬉しい顔]   ちゃんと知ることですよね[嬉しい顔]
by うさぎ (2010-03-11 19:01) 

はせどん

>ひもなしパンツさん
あれれ~?
「風が吹けば桶屋が儲かる」って、常識じゃないんですかね。
う~ん、若い人は知らないのかな~[ふらふら]。
by はせどん (2010-03-13 16:51) 

はせどん

>本物ホネツギマン(アビブ)さん
いやいや、まだまだ池上さんの域には…。
でも、こうやって勉強するのは、楽しいですよね!
by はせどん (2010-03-13 16:54) 

はせどん

>うさぎさん
そうなんです。
私も「リーマン・ショック」って、子供に聞かれるまでは、
知ってるつもりだったんですよ。
ちゃんと勉強しないといけないと、今回は子供に教えてもらった
感じです[嬉しい顔]。
by はせどん (2010-03-13 16:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。