So-net無料ブログ作成

どうして現場に血が流れるんだ!? [日々の暮らし]

昨日は、有給休暇をいただいて、大学病院へ行き、検査を受けてきました

何の検査かというと、「大腸内視鏡」!

実は、昨年人間ドックを受診していて、その結果が、「要精密検査」

何が引っかかったかと言うと、「便潜血」の反応が、2回とも「+」に出てしまっていたんです。これが陽性だと、大腸内にポリープや、下手をすると悪性腫瘍(つまり癌)が発見される可能性があるとのこと。それで、かかりつけの大学病院で消化器内科を受診し、この、「大腸内視鏡検査」を受けるように言われていたんです

この検査、受けたことある人は、いらっしゃいますか?

肛門から大腸内に内視鏡を入れて、カメラで内部を見る、というものなんですが、当然、その前に、うん○を全部出して、きれいにしておかないといけません

そこで、検査の3日前から、食事制限が始まり、検査の前日は、お昼はゼリーのみ、夕食はお粥に卵あんかけという、検査食。そして当日の朝は何も食べずに、8:00に家を出て、病院の検査室へ。そこで、早速トイレに座り、2リットルもの下剤を飲まされました

この2リットルが、結構きつい。始めの1リットルくらいはまぁ、普通に飲めるんですが、段々気持ち悪くなってきて、最後の500mlなんか、かなりがんばって飲みました

それで、都合、2時間以上トイレに座りっぱなしで、何とか全部出て、やっと検査可能な状態に。それから検査台に移って、内視鏡検査を受けました

検査台の上で、横向きに寝ると、そこにはTVモニターが。検査中、自分の大腸の中が、自分で見られるんですね。中は、大きなヒダヒダがあるピンク色。我ながら、結構きれいなもんじゃん

検査そのものは、20分程度で終了。結果は…特に異常は見られないとのこと。ただ、少し「痔」があって、それで潜血反応が出たんじゃないか、とのこと

うーん、いつの間にか、痔主になっていたとは…(^^;。考えてみれば、毎朝座薬を入れて、硬い便を無理矢理がんばって出しているから、かなり負担がかかっていたんですね

でも、何とか治さねば。今年の人間ドックでまた同じ結果になったら、また同じ検査をしないといけなくなってしまう…。正直言って、あんな検査、もう2度と受けたくないよう

やっぱり、痔には、これかな?
「どうして現場に血が流れるんだ」 結構笑えます


「仰げば尊し」。 [音楽]

先日、下の息子がリコーダーの練習をしていました

曲は、「思い出のアルバム」。

「いつのことだか 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう」というあの歌です。

そう言えば、もう、卒業シーズンですね

上の息子も、無事中学校が決まって、来月には卒業式です。

「卒業式で、何歌うの? 『仰げば尊し』?」と聞いたら、「何それ?」だって

今の子供たちは、「仰げば尊し」を知らないんですね

今は、「旅立ちの日に」の方が、メジャーなようです。

これはこれで、いい歌なんだけど、卒業式と言えば、私たちの世代は、「仰げば尊し」ですよね

それで、YouTubeで探してみたら、中国人歌手のジェイド・インさんという人の歌う、「仰げば尊し」を見つけました。日本では、インディーズ・デビューしているということですが、透明感があって、素晴らしい歌声です。よろしかったら、どうぞ。



やっぱり、いい歌ですね

やったー! [日々の暮らし]

やったー!

見事、上の息子が、第一志望の中学に、合格しました!

今は、受験したその日に、インターネットで発表になるんですね

いやぁ~、それにしても、よくがんばったよ


でも、これはゴールじゃなくて、スタート地点。長い人生の中で、本当の勝負は、これからだぞ

まぁ、しばらくはゆっくり休んで、またがんばれよ


それにしても、お金がかかるなぁ…

私も、がんばらなくっちゃ!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。