So-net無料ブログ作成
検索選択

自動翻訳機。 [日々の暮らし]

インターネット・エクスプローラーを"8"にバージョン・アップしたら、右クリックで、"Live Searchで翻訳"というメニューがプルダウンで出るようになりました

自動翻訳ツールというのは、昔からあるけど、10年くらい前に一度使ってみて、翻訳結果のあまりの出来の悪さに、「英語でそのまま読んだ方が、ずーっとわかりやすい」と思って、それ以来使っていませんでした

でも先日、仕事で英語のサイトを読む必要があって、その時、「プルダウンメニューに載るくらいだから、少しは進歩したのかな…」と思って、使ってみたんです

結果は…

全然進歩してない!っていうか、後退してるんじゃないの? と思うような、ひどい出来

前の会社にいる時に、アンケートの自由回答を分析するのに、何かいいツールはないかと思って、いくつかの会社の人に話を聞いたとき、「日本語の解析ソフトが目指しているのは、『自動翻訳機』なんですよ」という話を聞いたことがあります

今でも、一生懸命研究している人がいるんだと思いますが、まだまだがんばってもらわないと、とても使える代物ではありません。ドラえもんの「ほんやくコンニャク」なんか、夢のまた夢。やっぱり、英語っていうより、日本語って難しいんだなあ、と思ったのでした



それで、試しに、ジョン・レノンの「イマジン」を訳してみました。
Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say that I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say that I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

結果が、これ
ないヘブンの簡単なを想像だけ空のすべての人を想像してない地獄私たち上私たちの下で行う場合 Imagine そこのない国もない Nothing を殺すは難しい今日の生活に殉じるし、ない宗教も想像するすべての人といってよいが平和で生活の生活や私がいつかに希望を私は、ドリーマーが私はものだけではなく私たちを結合するよし、世界になります Imagine の 1 つとしてなし可能な場合必要があります欲の飢餓の人間の同胞は、私は、ドリーマーが私はないことといってよいは世界中を共有するすべての人を想像する、1 つだけ期待をいつかのかしらない所有物な参加し、世界は一つとして生きる

ひどいでしょう? まともな日本語になっていません。まったく、読むに耐えません

こんな翻訳をしていたんじゃ、ジョン・レノンも怒っちゃうだろうな(笑)。



ちなみに、先日紹介したRCサクセションのアルバム、「COVERS」に収められている、清志郎さんの訳がこれ。かなり意訳の部分があるけど、ジョンの思いが、伝わってくる名訳だと思います
『イマジン』

天国は無い、ただ空があるだけ
国境も無い、ただ地球があるだけ
みんながそう思えば
簡単なことさ

社会主義も、資本主義も
偉い人も貧しい人も
みんなが同じならば
簡単なことさ

夢かもしれない
でもその夢を見てるのは
一人だけじゃない
世界中にいるのさ

誰かを憎んでも、派閥を作っても
頭の上にはただ空があるだけ
みんながそう思うさ
簡単なこと言う

夢かもしれない
でもその夢を見ているのは
きみ一人じゃない
仲間がいるのさ
平和に生きている

訳詞 忌野清志郎 (1988年)


「私は犬になりたい¥490」。 [音楽]

今日、ラジオを聴いていたら、この歌がかかっていました

CMでは「味噌汁付かない」が強調されていますが、実は結構長くて、味噌汁だけの歌じゃなかったんですね

「そこが、さだまさし

私も、犬になりたくなってきました

さだまさし "私は犬になりたい¥490 -シングルヴァージョン-"



小市民のたわごと。 [政治]

民主党の代表が、鳩山さんに決まりましたね



昨日の代表選挙で、124票対95票で岡田さんを破って、西松建設の献金疑惑で代表を辞任した小沢さんの後の、新代表に決まったわけです

私は、鳩山さんがいいとか、いや、岡田さんの方がよかったんじゃないか、とか言うつもりはありません

でも、党所属の国会議員だけの投票で、しかも11日の月曜日に小沢さんが辞意を表明してから、わずか5日間で、新しい党の代表を決めてしまうなんて、あまりに安易なんじゃないでしょうか? 世論調査なんかでは、岡田さんの方が人気があったみたいですけど、2人の差を明確にするには、あまりにも短い時間としか、思えません

民主党が、本気で次の総選挙で政権交代を目指しているなら、この代表選挙は、自民党の総裁選挙と同じく、次の日本の総理大臣を決める、とっても重要な選挙のはず

アメリカの大統領選挙の、民主党の予備選挙で、オバマ氏が、去年の1月から6月まで、実に半年に及ぶ激しい選挙戦を制してクリントン氏を破り、党の代表に選ばれ、最終的にアメリカ合衆国の第44代大統領となったのは、記憶に新しいところです



アメリカと日本では制度が違うとはいえ、この差は何なんだろう?

私は、今の日本の政治を良くするためには、政権交代が是非とも必要だと思っています。これには色々な理由があるのですが、あえてこの場で申し上げる必要もないでしょう。でも日本の民主党さん、こんなことやってたんじゃ、やっぱり「万年野党」の座を抜け出せませんよー!



最近、ちょっと政治的な記事が多くなっていますが、他意はございません。思ったこと、気になったことを書いているだけです。もし、気分を害している方がいたら、申し訳ありませんm(_ _)m。一小市民のたわごととして、スルーしてください。

清志郎さんのメッセージ。 [音楽]

忌野清志郎さんが亡くなった。

彼のヒット曲では、「雨上がりの夜空に」などが有名だけど、私が一番初めに思い出すのは、原発批判が問題となって発売中止に追い込まれた、「サマータイム・ブルース」という歌です。アルバム「COVERS」に収められていました

現在、地球温暖化の問題で、「CO2をほとんど発生しない」という理由から、再び「原発を増やそう!」という方向に向かっているようです

2年前の新潟県中越沖地震で停止した、柏崎刈羽原発の運転も、いよいよ再開されるという話です

でも、私は、「ちょっと待って!」と言いたいです

確かに、原子力発電所は、安全に制御されている限り、CO2を排出しない、とってもエコな発電施設なんでしょう。事実、安全技術は高まっているのだと思います。でもそれは、あくまでも「安全に制御されている限り」の話です。

実際、中越沖地震の際には、微量ではありますが、放射性物質の漏洩が検出されています

もしも、大地震が起こったら、そうでなくても、もしも、軍事目標やテロの目標として攻撃されたら、その危険性は半端なものではありません

そう、「核」は基本的に、危険なものなんです。どんなに技術が進歩しても、その危険性がゼロになることはありません。それに、放射性廃棄物の問題も、未解決です。いくら地層処分するといっても、その毒性が消えるまで、3万年もかかるといわれています

じゃあ、原子力発電をすべて止めてしまったら、どうなるのか? 日本は現在30%以上もの電力を原子力に頼っているそうですが、それをすべて止めてしまったら、大停電が起こるんじゃないか?

これには色々意見があるようですが、日本の電力会社は、原子力発電をすべて止めても、それをバックアップするのに十分な火力発電所を持っているようです

でも、そうすると、化石燃料への依存が増え、CO2排出量は大幅に増えることになります

だからといって、太陽光や風力といった再生可能エネルギーはほんの数%で、今のところ全体から見ればわずか。とても全てをまかなえる発電量ではありません

たとえ、日本が原子力発電をすべて止めたとしても、中国や北朝鮮で続けていたら、意味がありませんよね

うーん。これは、難しい問題だ。CO2と放射能、どっちが危ないかと考えたら、答えは見えているような気もするんですけどね。みなさんは、どう思いますか?

忌野さんの葬儀ニュースを見ながら、そんなことを考えていたのでした

RCサクセション サマータイムブルース〜LOVE ME TENDER



ショッカーの陰謀か!? [日々の暮らし]

ゴールデンウィーク真っ最中ですね

今年は、ETC搭載車は高速道路料金が1000円になるとかで、各地の高速道路が、大渋滞になっているそうですね

でもそれって、地球温暖化防止のための「低炭素革命」を行うだとか、「日本版グリーン・ニューディール政策」を進めるという政府の方針と、大きく矛盾するんじゃないでしょうか

実際、環境省から先月発表された、2007年の温室効果ガス排出量(確定値)は、京都議定書の定めた基準年(CO2は1990年)よりも、9.0%も増えてしまっています。約束では、2012年までに、6%減らさないといけないというのに、これはもう、事実上、達成不可能なんじゃないでしょうか。「チーム・マイナス6%」とか、「2050年までにCO2排出量を半減する」といったお題目が、虚しくひびきます

本気でCO2削減をするのなら、GWの渋滞を、何とか減らす努力をしなくちゃいけないと思います。土日祝日の高速料金を、逆に割高にして、平日を割引にするとか、環境に優しいといわれる新幹線の料金を、「どこまで行っても1000円」にするとか…。それを、土日祝日だけ、しかも一般車のみ割引にするなんて、渋滞をわざわざ引き起こして、CO2排出量を増やしているとしか、思えません。これは、地球滅亡をたくらむショッカーの陰謀なのか?(笑)

もちろん、景気対策は必要です。でもそれは、あくまでもCO2削減や、地球温暖化防止策と、矛盾しない方法で行うべきです。そういう意味では、太陽光発電パネルの設置助成や、エコカー減税なんかは、いいと思うんですけどね。それから、どうせ高速を割引にするなら、トラックなどの商用車こそ、割引にするべきでしょう。そうすれば、物流コストが下がって、運輸会社の助けにもなるし、運ばれるモノの値段に反映されれば、需要の拡大にもつながります

美しい地球の未来を守るために、もうちょっと考えてよ、麻生さん! こんな渋滞の写真を見せられたら、エコバッグ持つのなんか、何の意味も無いように思えてきちゃいますよー!








爽やかな風。 [日々の暮らし]

この前の水曜日、ゴールデンウィーク初日の「昭和の日」のことです

とてもお天気が良かったので、買い物に出かけました

その帰り道、買い忘れたものがあることに気づいて、コンビニに寄りました

そこで、ドリンクを取るために、売り場の冷蔵庫のドアを開けようとしていたんです

この、「ドア」ってやつが、車いすの人間にとっては、結構難敵なんです

車いすで、こちら側に開くドアを開ける場合、足がひっかからないように、適度な距離を空けて、その状態で手を伸ばして取っ手に手をかけ、ドアを開けておいて、今度は勝手に閉まってしまわないように、ドアを押さえながら少し前に出て、足で押さえておかないと、中のものが取り出せません

いつも思うんですが、コンビニの冷蔵庫、どうして引き戸にしてくれないのかなぁ。やっぱり、実際に車いすに乗って、やってみないと、この大変さが、わからないんでしょうね

それで、その日も、私が苦労していると、後ろから、中学生くらいかなぁ、セーラー服を着た女の子が来て、さりげなくドアを押さえて、「どうぞ」とニッコリ微笑んでくれたんです

なんだか、その仕草が、とても自然で、まるで爽やかな風が通り抜けたようでした

「ありがとう」

私も、思いっきり笑顔でお返しをしました

あんなこと、なかなかできるものじゃありません。その女の子の優しい気持ちと、障害者を特別視しない純粋な心が伝わってきて、なんだかとっても感動してしまったのでした

私がギラン・バレー症候群という、それまで聞いたこともなかった病気にかかってから、このゴールデン・ウィークで丸7年。今は車いすの生活になってしまい、とっても不便なことが多いけど、そんなに悪いことばかりじゃ、ないかな、と思えた瞬間でした



ほんとに、ありがとね! おじさんは、とっても嬉しかったよ。そして、いつまでもその気持ちを、忘れないでいてね

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。