So-net無料ブログ作成
検索選択

永遠のヒーロー。 [音楽]

マイケル・ジャクソンが、亡くなりました

ラジオでは、昨日は一日中、彼の曲が流されていました。80年代に高校・大学生活を送った私にとって、彼は最高にカッコイイ、歌手であり、ソングライターであり、ダンサーでした



「ビリー・ジーン」で見せてくれたムーン・ウォークや、「スリラー」のゾンビ・ダンス、練習したなぁ…

横浜スタジアムで行われたコンサートも、見に行きました。私が見に行った外タレのコンサートは、ビリー・ジョエルと彼だけです。自慢じゃありませんけどね

でも今、数ある彼の歌の中で思い出すのは、ライオネル・リッチーと詞・曲を共作して、クインシー・ジョーンズがプロデュース、そしてアメリカのスター45人によって歌われた、USA for Africaの、"We are the world"です

スティービー・ワンダーブルース・スプリングスティーン、ポール・サイモン、ヒューイ・ルイス、ビリー・ジョエル、ケニー・ロジャース、スティーブ・ペリー、ダイアナ・ロス、シンディ・ローパー、レイ・チャールズ…。ずらりと揃ったスーパースターたち。その中でも、マイケルのカッコよさは、やっぱりピカイチでした



貧困に苦しむアフリカの人たちに救いの手を、とこの曲が出されたのが1985年。

ところが先日の国連食糧農業機関(FAO)の発表では、世界の飢餓人口が2009年中に10億人を超えるといいます。実に、世界の6人に1人が飢えに苦しんでいることになります

25年経った今でも、状況は変わらないどころか、悪化しているのです

一方で、コンビニでは消費期限切れの弁当などが、大量に廃棄されているというニュースを聞いたのは、耳に新しいところです。その他、ホテルやファミレスの分なども含めると、日本では、年間1940万tもの食料が廃棄されているということです。ちなみに、世界の食糧援助は年間330万t。実に、6倍近い量が、捨てられているのです

世界の飢餓人口の増加は、投機マネーの流入とか、バイオ燃料との競合とかで、穀物価格が上昇しているのが主な原因とされているようだけど、日本では、こんな壮大な無駄が行われているという事実を知ったら、マイケルはどう思うのかな

最近は、奇行や容貌の変化ばかりが話題になっていたけど、最高にカッコよくて、そして優しい心を持っていたマイケル

私の中では、彼は、永遠のヒーローです

あじさいのうた。 [日々の暮らし]

今日は梅雨らしく、朝から雨。車いすの私は、外出ができません

でも、昨日、一昨日は梅雨の間の晴れ間で、近所のドラッグストアへ、ちょっとだけ外出してきました

梅雨といえば、この時期美しいのが、あじさいですよね

私のマンションの前の小さな公園にも、たくさんのあじさいが植えられていて、とってもきれいに咲いていました







あじさい、漢字で書くと、紫陽花。花言葉は、「移り気」なんかが有名ですが、「一家だんらん」を象徴する花だ、という人もいるようです。確かに、小さい花が集まって、丸いきれいな形を作っている様子は、「花の色が変わる」ことから付けられたであろう花言葉よりも、あじさいの花をうまく表しているように思います。「一家」にしては、ちょっと人数が多すぎるような気もしますが…

ちなみに、花びらに見えるのは、実は「萼(がく)」で、本当の花は中心にある粒状のものだそうです

あじさいは、私の住んでいる相模原市の「市の花」でもあるんですよ。私がもらった、市の職員の方の名刺にも、可愛らしいあじさいのイラストが描いてありました。相模原北公園には、200種10,000株ものあじさいが咲き誇っているそうです。まだ行ったことはないんですが、一度、行ってみたいなぁ


相模原北公園のあじさい。

行ってみたいといえば、鎌倉の「あじさい寺」として有名な、明月院。やっぱり、今が見ごろみたいですね


明月院のあじさい。

それから、箱根登山鉄道の「あじさい電車」にも乗ってみたいな。特に、きれいにライトアップされたあじさいが見られるという、「夜のあじさい電車」には、一度乗ってみたいと思っています



「あじさい」で思い浮かべるのが、我らがサザンオールスターズのハラボーこと原由子さんの、「あじさいのうた」。原由子さんのソロの曲も、桑田さんが書いていることが多いのですが、この曲は、原由子さん自身による、作詞・作曲です。よかったら、どうぞ。

あじさいには、やっぱり雨が似合いますよね。でも、雨の日は、外出できませんからー、残念!(古っ)。まぁ、合羽を着て、傘をさして、電動車いすを操作するという技も習得した私には、出来ないわけじゃないんですが…

最後に、あじさいには、毒があるそうですよ。いくらお腹がすいても、決して食べないように。あじさいの葉っぱのてんぷらなんか、ちょっと美味しそうですけどね

バイオ電池!? [時事ネタ]

ジュースで電気を起こす-。そんな夢のような電池の開発がソニーの先端マテリアル研究所で進められている。食品や飲料に含まれる炭水化物(ブドウ糖)を酵素で分解し、電気エネルギーを取り出す''「バイオ電池」''がそれ。実現すれば、安全で環境負荷もないまったく新しい電池が生まれる。

先日、仕事でネット検索していたら、こんな記事を発見しました

「生物のエネルギー変換と同じシステム」ということで、現時点では、コーラでウォークマンが再生できるそうです

夢は、この''「バイオ電池」''で電気自動車を走らせることだそうなんですが、私はこの記事を見て、昔見た、ある映画のシーンを思い出しました



そう、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。このシーンは、Part2のオープニングですが、Part1のエンディングにも使われています

未来からやってきたドクが、タイムマシンであるデロリアンの燃料として、生ゴミとジュース(ビール?)を入れています。当時は、「そんなアホな」という感じで、ただのギャグとして見ていたのですが、これ、あながち夢物語ではないんですね

ちなみに、タイムスリップに必要な電力は、映画の中では「1.21ジゴワット」とされていますが、これは「ギガワット」の誤りだそうです。映画が製作された1985年当時は、「メガ」だの「ギガ」だのという単位は、まだなじみがなかったんですね

1ギガワットの電力というと、ほぼ原子炉1基分に相当するそうで、そんなエネルギーをたったあれだけのゴミから生み出すことなんて、できるんでしょうかねぇ…

でも、ジュースや生ゴミから生み出した電力でクルマを走らせることができるんだったら、それも不可能ではないんじゃないか、と思えるようになってきました

化石燃料や原子力に頼ることなく、完全にクリーンなエネルギーで、クルマが空を飛ぶ(?)社会、科学の力で、早く実現させてほしいものです。がんばってくださいね、ソニーさん!

あ、あと、「ほんやくコンニャク」も…(笑)。

祝!W杯出場決定。 [サッカー]

やりましたねー、岡田ジャパン

昨夜の試合で、ウズベキスタンを1-0で破り、見事、4大会連続、4度目のワールドカップ出場を決めてくれました

昨夜は私も、日本代表のレプリカ・ユニフォームを着て応援



もちろん、背番号は10。中村俊輔です。

それにしても、楽には勝たせてもらえないですね。最後は、久々にハラハラドキドキ。長谷部が退場になって、岡ちゃんまで退席に。一方的に攻め込まれて、どうなることかと思ったけど、でも、これがサッカーの面白さかな

南アフリカでの目標は、ベスト4とのこと

今のままじゃ、かなり難しいかもしれないけど、このまま岡ちゃんのサッカーが進化してくれれば、少なくともジーコジャパンの時より、期待できると思います



がんばれ、岡田ジャパン!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。