So-net無料ブログ作成

THIS IS IT DVD! [映画]

届きました!

"Michael Jackson's THIS IS IT DVD DELUXE COLLECTOR'S EDITION"



特典映像付き2枚組みです

やっぱり、MJは、すごいアーティストだったんですね。

特典映像の中のインタビューで、誰かが言ってました。

「神は、100年に1度くらい、特別な人をこの世に送り込む。それが彼だ」

まさに、彼は「特別な」アーティストでした。

映画館で見たけれど、やっぱり家で何度も見られるのは、いいものです。

本当に、何度見ても飽きない、すごいダンスと、歌と、映像です。


キューを出すタイミングとか、コーラスとか、バンドの演奏とか、細部にまでこだわる彼の姿勢。

"I love you" という、慈愛に満ちた心。

そして、この美しい地球を守りたい、というメッセージ。


どれも、Michael Jacksonという「特別な」人物を表しています。


この映画の監督、ケニー・オルテガに、「完璧な曲だ」と言わしめた、"Billy Jean"をよかったら、どうぞ。昔の動画ですが、彼のダンスと歌は、健在でした。



本当に、惜しい人を亡くしました。

いまだに、MJのいない世界であることが、信じられません…。

ハイチで起きていること。 [時事ネタ]

''ハイチ地震、死者11万人超に=内務省が確認''
 【サンパウロ時事】大地震に見舞われたハイチの内務省は22日、これまでに11万1499人の死者が確認されたことを明らかにした。AFP通信が同省声明の内容として伝えた。現時点での負傷者は19万3891人で、60万9000人以上が屋外生活を強いられているという。
 ただ、AFPは、首都ポルトープランス市内では、引き取り手もなく路上などに放置された遺体を被災者自身が焼却していると伝えており、被害の全容は依然不明。地震発生から丸10日が経過し、がれきの下に埋まった生存者の発見の可能性はますます低下している。(2010/01/23-10:59)

今月12日にハイチで起きた地震の被害は、想像を絶するものとなっているようです。

今日のロイターでは、死者は12万人を超えたとか…。

ハイチは、人口の約半数が18歳未満の子供です。

また、約1000万人の人口のほとんどは、1日の生活費が2ドル以下という、中南米の最貧国だそうです。

そんな国を襲った大地震。

日本では、鳩山さんが母親から12億円ももらっていたとか、小沢さんが4億円の土地を買っていたとか、そんなニュースばかりですが、このカリブ海の小国では、まさに未曾有(「みぞーゆー」じゃないですよ!)の大惨事が起きているのです。

ユニセフや、国境なき医師団では、それぞれのホームページで、その活動内容や、寄付の呼びかけを行なっています。

この国の子供たちを、一刻も早く、一人でも多く、救いたい。

そんな思いで、奮闘している人たちも、大勢いるのです。
「ここには遺体安置所もありません。遺体もテントの脇に山積みにされています。今日、手術室が設置され、主に手足を切断する手術をしています。というのも、多くの犠牲者が地震によって砕かれた手足の傷に苦しみ、さらにその傷から病気に感染し、生命を脅かしているからです。今のところ、病院には、この他の手術をする余裕はありません。あらゆる医療物資が不足しています。」

こんなことが、現実に起きているのです(ユニセフのサイトより)。

あなたは、どう思いますか?

先週末のラッキー! [音楽]

先週の連休は、久々に、ほとんどパソコンに触らないで過ごしました。

土曜日は、六本木のmorph-tokyoに、♪れいさんのライブを聴きに
ログ友であり、私の家に来てくれるヘルパーさんでもあるうさぎさんと、また一緒に行きました

♪れいさんは、今回はお正月らしく? 紅白の衣装で登場。最初から新曲です。なんだか、またパワフルになった感じで、楽しいおしゃべりも交えながら、あっという間の30分? 45分くらいだったかな? またまたたくさんの元気と、生きる勇気をいただきました

今回は時間がちょっと遅かったので、お茶会はご遠慮したのですが、お茶会そのものをやらなかったみたいですね。私に気を遣ってくれたのかな。でも、帰りは5時過ぎですっかり暗くなっていて、Tokyo Midtownのイルミネーションがとってもきれいでしたよ


そして、その翌日から、「さがみ緑風園」に短期入所に。火曜日まで有給をいただいて、今回も2泊3日を過ごしてきました

その「さがみ緑風園」で、たまたまラッキーなことに、ピアノ演奏とソプラノ歌手の方によるミニ・コンサートを聴くことができたんです

ピアニストは、今野尚美さん。


あとでネットで調べてみたら、すごい経歴の持ち主なんですね。英国王立音楽院に留学して、首席卒業後、同大学院に進みディプロマを得て卒業とか

ソプラノは、小林桂尉子さん。


この方も、横浜のみなとみらいにあるパン パシフィック横浜ベイホテル東急なんかで歌っている、日本声楽コンクールで3位に入ったという実力の、プロの歌手です

歌ってくださったのは、「星に願いを」とか「ムーン・リヴァー」などの、主に英語のスタンダード・ナンバーでしたが、一曲だけ、オーディエンスの年齢層を考慮して、「北の宿から」を披露してくれました。ソプラノ歌手が、演歌ですよ! すごいですね

その中で、特に心に残ったのが、ケルティック・ウーマンの「You Raise Me Up」です。歌詞も紹介してくれて、とってもいい歌なんだな、と感動してしまいました

私のナンチャッテ訳をご紹介します。
When I am down and, oh my soul, so weary;
When troubles come and my heart burdened be;
Then I am still and wait here in the silence,
Until you come and sit awhile with me.

落ち込んで、心の底から疲れきってしまったとき
困難がおとずれ、重荷を背負ってしまったとき
静けさの中で、じっとここで待つの
あなたが来て、しばらくの間、座ってくれるまで

You raise me up, so I can stand on mountains;
You raise me up, to walk on stormy seas;
I am strong, when I am on your shoulders;
You raise me up... to more than I can be.

あなたがいてくれるから、高い山の上に立つこともできる
あなたが励ましてくれるから、荒れた海を渡ることもできる
あなたと一緒なら、強くなれる
あなたの力で、できないことだってできるようになるのよ

「You Raise Me Up」と言えば、荒川静香さんのトリノ・オリンピックでのエキシビジョンで使われて、有名になった曲ですよね



やっぱりこれは、金メダルに値する、素晴らしい演技です

バンクーバー・オリンピックまで、一ヶ月をきりました。日本選手には、ぜひがんばってもらいたいものです

あれ? 何の話だったっけ?(笑)。

さがみ緑風園に来ています。

久しぶりに、「さがみ緑風園」に短期入所中です。
土曜日には♪れいさんのライブに行ってきました。
それで、今回は火曜日まで有給をいただいて、明日帰る予定です。
携帯で打つのはとっても大変なので、今日はこのへんで。
前の記事にいただいたコメへのお返事コメも、今週末にゆっくり書かせていただきますからね!

No rain, no rainbow. [日々の暮らし]

みなさま、あけましておめでとうございます



と言っても、もうお正月も3日、明日からはまた仕事です

1日はどこへも行かずに、朝から飲んだくれ、2日は2人の息子を連れて(つれられて?)久々に実家へ。親戚がたくさん集まり、ワイワイガヤガヤ。子供たちは、もちろん、お年玉目当てです

それにしても、いいお天気でよかったなぁ。今年一年、こんな「晴れ」の日が続けばいいのに

でも、No rain, no rainbow. -雨の降らない虹はない。これは、ハワイのことわざだそうです



雨の日も、風の日も、今年も笑顔でいられるように、がんばろう。そうすれば、必ずいいことがあるよね


今年もよろしくお願いします<(_ _)>。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。