So-net無料ブログ作成
検索選択
ホームでの生活 ブログトップ
前の10件 | -

明日、スタートラインに。 [ホームでの生活]

いよいよ、明日に迫りました

明日、一年間お世話になった、ここ、「七沢更生ホーム」を退所して、私は自宅に戻ります

病気になってから、6年の月日が経ちました

突然の病魔に襲われた時、上の息子はまだ、幼稚園児でした。それが、もう、この春から、6年生です。2歳で、まだおむつをはいて、よちよち歩きだった下の息子も、3年生。この6年間の私の進歩に比べて、子供たちの成長は早いものです

でも、更生ホームにいた一年間は、私にとって、とっても濃いものでした。病院にいた時には、とてもできないと思っていた、排便のコントロールや、ベッドトイレへの乗り移り、平行棒の中での歩行や、一人でのお出かけまで!

そしてついに、病院にいた時には、とても望めなかった、「自宅に帰って、家族と暮らす」という夢が、実現するんです

思えば、本当に多くの人に支えられた、6年間でした。多くの先生たちや、看護師さん。理学療法士や作業療法士の先生方。更生ホームの生活支援員のみなさん。ケースワーカーさん。元の会社のみなさん。学生時代の友人たち。♪れいさんやヒサさんをはじめとする、PLAYLOGの仲間たち。そして何より、父、母、弟家族に、ほんとうに苦労をかけてしまった、妻と、二人の息子たち

数え上げれば、きりがありません。みなさんの「がんばれ!」の声援が、私をここまで引き上げてくれました

みなさん、今まで、本当に、ありがとうございました。今は、感謝の気持ちで、いっぱいです

長い、長い休暇を終えて、明日、私はまた、人生という長い道のりの、新たなスタートラインに立ちます

季節は、春。七沢の桜も、私の新しい旅立ちを、応援してくれるように、一気に満開になりました

ラストスパート! [ホームでの生活]

いよいよ、あと5日になりました

ここのところ、更生ホーム退所に向けての準備で、大忙しで、プレイログへのログインも、ままなりません

今日は午前中、いまだに治らない右手中指を診てもらいに、タクシー大学病院へ。午後は、自宅に戻った後に来てくれる、ヘルパーさんの事業所の人と、訪問看護ステーションの人が、面会に見えました

今は、「本当に、自宅で、家族とうまくやっていけるのか?」「本当に、在宅ではあるが、仕事をやっていけるのか?」といった、不安でいっぱい、といったところが、正直な気持ちです

仕事の方は、先週の土曜日、新しい勤務先に誘ってくれた友人が訪ねてくれて、「ゆっくり、歩き始めればいいよ」と言ってくれて、ずいぶん、楽になりました。涙が出るほど、嬉しかったですよ

でも、右手中指はいまだに腫れたままだし(先生は、ずいぶんよくなったと言ってましたが…)、右手の震えも治らないし、土・日のヘルパーさんがまだ決まっていないし、ここへ来て、また便失禁してしまったし…

そうなんです。カミングアウトしちゃいますが、私は、全身の感覚が失われてしまっているため、便のコントロールも、難しいんです。でも、更生ホームへ来て、「レシカルボン」という座薬を使って、排便をするようになって、かなり、コントロールできるようになりました。「自宅に帰る」という決心ができたのも、これが一番大きいと思います

脊椎損傷や頚椎損傷の人たちも、みんな同じ悩みを抱えていると知り、対処方法を教わって、訓練もずいぶん重ねて、ふんぎりがついたつもりだったんですが、やっぱり、便を漏らしてしまい、その処理を人に頼む、というのは、抵抗があります。それでも最後は、「便失禁してしまっても、しょうがないよ。人間なんだから」という担当職員のYさんの言葉に励まされ、私は自宅に帰ります

不安は、いっぱいあるけれど、また家族と、妻や、2人の愛する息子たちと暮らすのは、私の夢だったんです。その夢が叶う日が、あと5日でやって来るんですから、もっともっと、喜ばないと

さぁ、希望の明日に向かって、ラストスパートです!

がんばるしかない! [ホームでの生活]

今週は、色んなことがありすぎて、すっかりプレイログにご無沙汰してしまいました

みなさんの記事にも、の付け逃げをしてしまい、申し訳ありません



まず、更生ホームを退所して、自宅に戻る日が、決まりました!

今月の30日、日曜日です

4月1日から在宅で仕事を始めるので、本当は、もう少し早く退所したいんですが、ヘルパーさんの手配が難航しているということで、ギリギリになってしまいました

未だに、入って欲しい時間がすべて埋まっている訳ではありませんが、こうなったら、自力でがんばることも覚悟の上で、戻るしかありません

桜の開花予想日が、26日ごろでしたから、更生ホームで咲き始めた桜を見てから、帰ることになりそうです

水曜日には、ベッド入浴用のイスが自宅に搬入されるのを、確認に行ってきました

後は、シーツ掛けふとんが揃えば、これで、いつでも自宅で寝ることができるんですよ!

でも、実際に退所前に、外泊ができるかどうかは、微妙な感じ。本当に、退所までの2週間は、予定がぎっしりです

そして昨日は、相模大野まで、会社に提出する住民票と、役所の手続きに必要な戸籍謄本を取りに行ってきました。午後は予定が入っていたので、朝食をあんぱん一個と牛乳だけで済ませて、7:30に出発! 電動車いすのバッテリーがここへ来て、かなりへたってきてしまい、一人で出かけるのが不安だったので、父親に付き添いを頼みました

結果的に、バッテリーはもったのですが、途中から、心配していた雨が降り出してしまいました。幸い、父親が雨合羽を用意してくれていて、本降りになる前に、駅までたどりついたのですが、危ないところでした。車いすで、雨の日のお出かけは、正直きついです。でも、今後、そういうこともありえますね。マジで対策を考えなくては。昨日は父親と一緒で、本当によかったです

さらに午後から、そのへたったバッテリーを、業者の人に交換してもらいました。2年間以上、ほぼ毎日使い続けていたので、さすがに、寿命だったのですね。お疲れ様でした

今日は、前の会社の友人が、また会いに来てくれました。なんだか、4月から新しい会社で働き始める私にとって、前の会社の話は、遠い昔のことのよう。もう、6年も前のことですからね。でも、「また、働き始めることができるんだ!」という思いを、新たにしました

それにしても、更生ホームの退所・新生活のスタート、そして就職に向けて、これでもか、と言う感じで、やることがいっぱい。妻にも頼むことがいっぱいで、申し訳ないのですが、がんばるしかないですね

退院しましたが…。 [ホームでの生活]

ご報告が遅れましたが、火曜日、自宅のリフォーム完成を確認に行った後、無事病院を退院し、更生ホームに戻りました

でも、「無事」って言っていいのかな。

手術してもらった唇は、再縫合してもらった後、結局また離れてしまって、何だか見た目は、前よりもひどくなってしまったみたい

左側だけにしてもらったのが、唯一の救いかな

それでも、左側から垂れるよだれは、減ったような気がするけど、気のせいかも

やっぱり、退所後に、また入院して、再手術をしなければならないようです

今度は、別の先生を探して、別の病院でやってもらった方がいいのかな。

それとも、同じ先生に、2度の失敗の経験を生かして、やってもらった方がいいのかな。

真剣に、悩むところです

右手の中指も、腫れたまま、なかなか治らないし。

自宅に戻る準備は着々と進んでいるのに、困ったものです

リフォーム完了! [ホームでの生活]

昨日は、担当職員のYさんと自宅へ行ってきました

ついに、改修工事が完了したというので、その確認のためです

マンションに着いてみると、施工してくれた大工さんが、すでに待っていてくれました

この前来た時は、まさに工事中で、すごい状態になっていたんですが、今はもう、すっかり完成!

トイレと、私の居室のドアの間口は広げられ、引き戸に。浴室につながる洗面所の扉も、ドアから引き戸に替えられていました

トイレと浴室には、手すりがつけられています

これは、トイレの手すり。


それに、リビングの隅には、私専用の、車いす用の洗面所も設けられています

いずれも、とってもきれいな仕上がりで、手すりの位置もバッチリ

工事中は、妻や子供たちに、ずいぶん不便な思いをさせちゃったけど、これで、私の住む環境が整いました

あとは、ベッドとか、ヘルパーさんの手配とか。これは、現在進行中です。いよいよ、自宅復帰が、秒読み段階に入ってきました

またまた、再縫合。 [ホームでの生活]

今日また、手術で縫ったところが開いてしまい、唇の再縫合をしてもらいました

どうも、傷が治りにくい体質になってしまっているようです

それにしても、うまくいかないもんだなぁ…

残りの右半分も、どうも、退所には間に合いそうもありません

もう、ほんとに、なるようにしかなりませんね

今度こそ、うまくくっついてくれますように

唇再手術! でも…。 [ホームでの生活]

昨日また入院をして、今日、唇の再手術を受けました

前回の手術では、縫ったところが全部離開してしまったように思われましたが、その後、上の唇は見事にくっついて、ストローは何とか、使えるようになっていたんです(まだ、少しこぼしてしまいますが、これは、すごい進化です!)。

だから、今回は、下唇のみ。恥ずかしい話ですが、下の唇が切れていて、そこから垂涎(よだれ)があるので、もう一度下唇の土手をしっかり作ってもらって、よだれが垂れないようにしてもらう手術です

でも、今回は、前回の反省から、左側しかやってもらえませんでした。両方を一度にやると、かなりテンションがかかって、前回と同じように、離開してしまう恐れがあるそうです。だから、左側は上がって、垂れないようになったのですが、その分、今のところ、右側から垂れてしまうようです。…これじゃぁ、意味ないじゃん

これで、しばらく様子を見て、よだれが垂れなくなればいいんですけど、まだ垂れるようなら、3月中に、もう一度手術をしてくれるそうです

更生ホームの退所に、間に合うのか、マジで心配になってきました。こうなったら、もう、なるようにしか、なりませんね(笑)

♪れいさんスペシャルコンサート@横浜ベイ・シェラトン [ホームでの生活]

昨日は、素晴らしい一日でした

ここ、厚木の山奥にある更生ホームから、はるばる横浜みなとみらいに、バスと電車を乗り継いで、一人で行ってきました

何をしに行ったかって?

もちろん、♪れいさんの屋外コンサートを聴くためです

朝9時に、更生ホームを出発! 9:10のバスに乗ろうと思ったら、残念ながら、それは車いす対応のバスでなく、仕方なく、次の31分のバスに乗りました

本厚木駅10:23発の急行で、海老名へ。相鉄線に乗り換えです。この乗り換えが結構遠くて、遠くのエレベーターを回って、さらに階段を昇降機に乗って、やっと乗れたのが、10:47分の横浜行き。11:18に横浜に着いて、みなとみらい線に。大きい駅だけあって、この乗り換えも結構時間がかかって、結局、目指す横浜ランドマークタワーに着いたのが、12時少し前になってしまいました

ドックヤードガーデン横の、円形広場に到着しましたが、コンサートをやる雰囲気が、まるでないじゃありませんか…。あれー、場所が違うのかなー、と思っていると、「はせどんさん!」と後ろから声をかけられました。♪れいさんです! ♪れいさんによると、なんと、強風のため、今日のコンサートは中止になった、とのこと。この知らせを聞いたときには、「えー? まじー?」と、がっくりきましたが、その後の展開は、まるで夢のようでした

風が強いから、と、私を建物の中に避難させてくれた後、再び♪れいさんは会場へ。そして、ひもなしパンツさんとi416さんを連れて、戻って来られました。お二人に会うのは、初めてです。簡単に挨拶をしてから、4人で、横浜駅に出て、なんと、横浜ベイ・シェラトンホテルカラオケルームに行くことになりました。さすが、♪れいさん、すごい場所を知ってますね~

そこで、軽い食事を取りながらの、♪れいさんのコンサートの始まりです。観客は、ひもなしパンツさん、i416さんと私の3人。まるで、去年の8月に更生ホームに来ていただいたときのような、パーソナルなコンサートです

披露された曲は、新曲を含む、以下の曲です

・おはよう。おやすみ。
 (新曲です。今度の新曲は、♪れいさんには珍しい、ラブ・ソングです。そして、とっても癒される、素敵な曲ですよ)
・君をのせて~いつも何度でも
・If We Hold On Together
・Everything
・光れ!はばたけ
・生きてるってすばらしい
・君にファイト
・おはよう。おやすみ。(本日2回目)

私は、サンドイッチをパクつきながら、暖かい室内で、♪れいさんの歌を、堪能させていただきました。デザートのケーキまでいただいて、最高のゼイタクですね~

もっともっと、聴いていたかったんですが、私が帰らないといけない時間になってしまい、仕方なくお開きに。最後は、相鉄線に乗る私を、3人が送ってくださり、名残惜しいお別れをしたのでした

それにしても、3人とも、私のことをとても気遣ってくださり、本当に、ありがとうございました。♪れいさんの歌を聴けて、お3方の優しさに感動した、とっても思い出深い一日になりました

自宅は改修中。 [ホームでの生活]

先週の土曜日のことですが、退院して早々、自宅に帰ってきました

すでに、改修工事が始まっており、家の中は、すごい状態に

リビングには車いす用の洗面台が設置されていたり、トイレのドアの間口が広げられていたり、着々と工事は進んでいる様子

でも、その中で生活している妻と子供たちには、迷惑かけちゃってるなー

もうちょっとの辛抱だから、我慢してね


日曜日には、久々に、と言っても10日ぶりくらいですが、池のガチョウに、餌をやりに行ってきました。左側の鳥の名前はわかりませんが、ガチョウと一緒に、この池の端で暮らしています。見た目はちょっと醜い感じですが、パンの耳を食べる様子は、結構カワイイもんです


冬場は、餌をやりに来る人が少ないのか、お腹が空いているらしく、よく食べます

この鳥たちに、餌をあげられるのも、あと一ヶ月とちょっとになりました

寒空の下、ちょっとだけ、センチメンタルな気持ちになりました

退院しました。 [ホームでの生活]

本日、退院してきました

血液検査での炎症の数値は下がったため、毎日点滴する必要は、とりあえずなくなったためです

あとは、飲み薬による治療を続ける予定です

しかし、指は、相変わらずぶっとく腫れているように見えます。肉芽も大きいままで、ほんとに治るんだろうか…と心配になります

まぁ、焦っても仕方ないので、先生に任せるしか、ないですね


それから、唇の再手術は、今月28日になりました。27日から、また一週間程度入院します。今度こそ、うまくいくといいんですけどね
前の10件 | - ホームでの生活 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。