So-net無料ブログ作成
日々の暮らし ブログトップ
前の10件 | -

「知」について調べてみました。 [日々の暮らし]

今日で如月2月も終わり。明日からいよいよ弥生3月ですね

さて、先週UPさせていただいた記事の、何人かの方のコメントで、「知識」と「知恵」や「知性」とはどう違うのだろう、という疑問を持ってしまいました

そこで、早速、「知」に関する言葉について、調べてみました
(「大辞林 第二版」 より)

まずは、「知」から。
知/智

(1)物の道理を知り、正しい判断を下す能力。儒教における五常の一。
(2)〔哲〕
 (ア)「知識(5)」に同じ。
 (イ)知識を獲得するはたらき。
(3)〔仏〕〔梵 jna〕慧(え)の一。真理に従って判断し、煩悩(ぼんのう)を打ち消す精神のはたらき。《智》

「儒教における五常」というのは、「五常の徳」と言われるもので、「仁」「義」「礼」「知」「信」の5つのことです。里見八犬伝を知ってる方なら、ご存知ですよね

「知」に煩悩を打ち消すはたらきがあるとは、知りませんでした。すごい!

続いて、「知識」。
知識

(1)ある物事について知っていることがら。
(2)ある事について理解すること。認識すること。
(3)知恵と見識。
(4)知っている人。知人。友人。
(5)〔哲〕〔英 knowledge; (ドイツ) Wissen〕認識によって得られた内容。厳密には、独断・空想などと区別される真なる認識によって得られた客観的に妥当な命題ないしは命題の体系をいう。あやふやな信念と区別され、一般に「正当化された真なる信念」として定義される。
(6)〔仏〕(普通「智識」と書く)
 (ア)仏道に教え導く指導者。導師。善知識。
 (イ)善業(ぜんごう)を積むため、寺院や公共物の建設に金品を寄付すること。
 (ウ)心が、その対象物を、心の外にある実在物とみなす働き。

哲学や、仏教の用語になると何やら難しくなりますが、要するに、知っていること、という意味ですね


では、「知恵」は?
知恵

(2)事の道理や筋道をわきまえ、正しく判断する心のはたらき。事に当たって適切に判断し、処置する能力。

(1)と(3)は、やはり哲学と仏教の話になってしまうので、カット。

「筋道をわきまえ、正しく判断する」とは、まさに、寅さんの言っていること、「自分の頭できちんと筋道を立てて、はて、こういう時はどうしたらいいかなと考えることができるんだ」という通りですね。勉強するとは、やっぱり単に「知っている」ことではなく、「知恵」を身につけることなんですね


それじゃぁ、「知性」は?
知性

(1)物事を考え、理解し、判断する能力。人間の知的能力。
(2)感覚によって得られた素材を整理・統一して、新しい認識を形成する精神のはたらき。

「考え、理解し、判断する」というのも、「知恵」と同じような意味ですね。

やっぱり寅さんは、勉強すれば、「知恵」や「知性」が身につく。そのために勉強をする、と言っていたんですね

思わず、深く考えてしまいました(笑)。でも、勉強になったでしょ?


ちなみに、そんな「知」を愛するという場所があります。素晴らしい

語源は、あまり関係ないようだぎゃなぁ…(笑)。

愛知県」。

なぜ、勉強? [日々の暮らし]

下の息子が、今月、10歳の誕生日を迎えました

と思ったら急に「塾に行きたい」と言い出し、早速先週から、某有名学習塾に通い始めたのです。

家でも、しばしば机に向かって、勉強する姿を見かけるようになりました

これはどうしたことだ? 何が息子にあったのか?

「どうして塾に行きたくなったの?」

と聞いても、

「うん、まぁ、ちょっと…」

と、はっきり教えてくれません。

明確な目標もなく塾へ行くなんていうことは、あんまりいいことじゃないような気もしますが、まぁ、今まで野球ばっかりで、勉強なんてほとんど関心がないように見えた息子が、せっかくやる気をだし始めたのだから、親としては、やっぱり最大のバックアップをしてやろうと思います


ところで、どうして勉強しなければいけないのか。

この質問に、スッと答えられる人は、意外と少ないんじゃないでしょうか。

かの有名な「学問のすゝめ」の中で、福沢諭吉さんは、「天は人の上に人を造らず,人の下に人を造らず」に続いてこう述べています

「実語教に,人学ばざれば智なし,智なき者は愚人なりとあり。されば賢人と愚人との別は,学ぶと学ばざるとに由て出来るものなり」。

人は皆、平等に生まれてくるが、賢人と愚人の違いは、勉強をしたか、しないかによって決まる、と言っているのです

ちなみに「実語教」というのは、「山高きが故に貴(たっと)からず。木有るを以て貴しとす」で始まる、平安時代末期から明治初期にかけて普及していた庶民のための教訓を中心とした初等教科書だそうです。勉強になりました?(笑)


同じ質問に、もっと端的に答えている人がいます

甥の満男の質問に対して、あの寅さんが、こう答えています

「人間長い間生きていりゃ、いろんなことにぶつかるだろう。そんな時、俺みたいに勉強していないやつは、この振ったサイコロの出た目で決めたり、その時の気分で決めるよりしょうがないんだ。ところが、勉強したやつは自分の頭できちんと筋道を立てて、はて、こういう時はどうしたらいいかなと考えることができるんだ」。



さすが寅さん、いいこと言いますね。そうなんです。勉強するのは、決してテストでいい点を取ったり、偏差値の高い学校へ行くためではありません

確かに、国語や英語、数学の知識なども必要ですが、何の知識が役立つかは、人それぞれです。英語なんて、全く必要としない人もいるでしょう。

でも、寅さんの言う、きちんと筋道を立てて、つまり論理的に考えて、正しい結論を導き出せる力を養う。こういう力を養う訓練をするために、勉強をする。これは、とても大切なことだと思います


いずれにしても、お兄ちゃんに続いて、次男坊も塾通いを始めました。

君が今、やっていること、頑張っていることは、決して無駄じゃない。将来、きっと役に立つ。お父さんは、応援してるぞ

No rain, no rainbow. [日々の暮らし]

みなさま、あけましておめでとうございます



と言っても、もうお正月も3日、明日からはまた仕事です

1日はどこへも行かずに、朝から飲んだくれ、2日は2人の息子を連れて(つれられて?)久々に実家へ。親戚がたくさん集まり、ワイワイガヤガヤ。子供たちは、もちろん、お年玉目当てです

それにしても、いいお天気でよかったなぁ。今年一年、こんな「晴れ」の日が続けばいいのに

でも、No rain, no rainbow. -雨の降らない虹はない。これは、ハワイのことわざだそうです



雨の日も、風の日も、今年も笑顔でいられるように、がんばろう。そうすれば、必ずいいことがあるよね


今年もよろしくお願いします<(_ _)>。

Happy Christmas! [日々の暮らし]

今年もクリスマス、終わっちゃいましたね

我が家では、私が23日にお届け指定で頼んでおいた、「果子乃季」のザッハトルテを、23日、24日の2日間に分けて、みんなでいただきました



昨年もお取り寄せしたんですけど、このザッハトルテ、ほんとに美味しいんですよ。チョコレートが濃厚で、それでいて口どけが良くて。本場デメルのザッハトルテも今年お取り寄せしていただきましたが、こっちの方が私には美味しくて、リピートしちゃいました。

それから、子供たちへのプレゼント

小4の下の息子には、これ。



ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~ 特典 Wiiリモコン用ピカチュウ3Dステッカー付き

私のログ友さんの一人も大好きな、ピカチュウのゲームです

中1になった上の息子のリクエストは、これ。

何だかわかりますか? 「iTunes Gift Card」といって、iTunes で好きな音楽がダウンロードできるカードです

昨年、iPod nano を買ってあげたんですけど、まだお小遣いが少ない息子は、なかなか自由に好きな音楽を手に入れることができないみたい。私が買った Michael Jackson の "THIS IS IT" などには全然興味がなく、嵐とか、Greeeenなんかを聴いているようです

今年は、「お父さんから」じゃなくて、「サンタクロースからのプレゼントだよ」と言って、2人に渡しました。

「もう、2人ともわかってると思うけど、クリスマスのプレゼントは、サンタクロースという人が実際に家に来て、置いていく訳じゃないんだ。これは、普段2人がお父さんを助けてくれている、感謝の気持ちだよ。それが、『サンタクロース』というものなんだ。2人とも、いつもありがとうね」。

ちょっと、難しかったかな? 2人が、どのくらい理解できたのかどうかはわかりませんが、じっくり、時間をかけてでも、そういう「目に見えないもの」「心の中にあるもの」の大切さをわかってくれたらいいと思います


そういう訳で、少し遅くなりましたが、私の一番好きなクリスマス・ソングを

Happy Christmas (War Is Over) - John & Yoko





''War is over, if you want it.''

戦争を起こしているのは、人の心なんだね。戦争のない世界も、核のない世界も、みんなが望めば簡単に実現することなのに

謎の水疱その後と、美味しいりんご♪ [日々の暮らし]

先週、かなりヤバそうな感じになっていた左手の指にできていた謎の水疱の痕。

火曜日に、右手の中指の切断手術をしてくれた、大学病院の、手の専門医の整形外科の先生に診てもらいました。

先生の言うには、やっぱり火傷のようだ、とのこと。念のためレントゲンを撮ってもらいましたが、骨には異常なし。という訳で、「皮膚科で診てもらってください」とのことで、翌日の水曜日、同じ病院の皮膚科の先生に診てもらいました。

でも、その先生ったら、何だかとっても偉そうな態度で、ろくに傷も見ないで、「火傷だな」と。感染もしていないから、塗り薬だけでいいよ、なんて言うんです。

私は、右手の指が切断に至った経緯を必死で説明したのですが、「毎日傷を石鹸でよく洗って、薬を塗っていれば治る」と言います。抗生物質も必要ないと。

でも、私が見た感じでは、明らかに腫れています。

何とも釈然としない思いで、その先生の診断を書いた紹介状をいただき、そのまた翌日の木曜日に、最初に行った近所の整形外科の先生のところに行ってきました。

整形外科の先生は、「大学の先生が言うんだから…」と言いながらも、やっぱり腫れている指先を見てヤバいと思ったのか、また別の抗生物質と、血流をよくするという薬を出してくれました。

その薬が効いたのか、昨日の土曜日に診てもらったところ、だいぶ腫れもひいて、良くなっている様子。ふぅ、これで一安心です。

それにしても、大学病院の、皮膚科の先生って言うのは、あてにならないなぁ。

前の時も、別の大学病院ですが、皮膚科の先生に診てもらって、結局骨髄炎になるまで放っておかれたし。

やっぱり、外傷は、皮膚科じゃなくて、整形外科の先生に診てもらった方がいいみたいですね。


ところで、今年も届きました!

野沢温泉から、北信濃産・完熟ふじ。



こんなのが、16個も入っているんですよ。

家中、りんごの甘い香りでいっぱいです。

有機農法で、除草剤や着色剤を使わないで育ったりんごだそうです。

それを読んで初めて知ったのですが、よく売られている「真っ赤なりんご」というのは、着色剤を使っているんですね。

写真のりんごは、真っ赤という訳ではないですが、自然な赤さで、中は蜜がいっぱい。

私はそのままでは食べられないので、すりおろしていただきましたが、ま~、甘くて美味しいこと!

安心・安全な、とっても美味しいりんごです。


りんごと言えば、歌にもたくさん歌われていますよね。「りんごの歌」? 「りんご追分」? キャンディーズの「年下の男の子」なんかにも、出てきます(古っ)。

でも、ここでは、吉田日出子さんの「リンゴの木の下で」を紹介させてください。自由劇場の舞台「上海バンスキング」の中で歌われていた、ジャズのスタンダード・ナンバーです。


謎の水疱。 [日々の暮らし]

2週間ぶりの更新です

先週は、締め切りの近い仕事を抱えていて、土日ともに働いておりました

おかげ様で無事その仕事も終え、一段落、と思ったら! なんと、月曜日の朝起きてみると、左手の親指から薬指、計4本に、大きな水疱(いわゆる、マメです)が…。親指はすでにつぶれていて、薬指もベッドから車いすに移る時につぶれてしまって、大したことはないのですが、人差指と中指はかなり大きくて、「これはいかん!」と思い、その日のうちに、近所の、例の簡易スロープを用意してくれた整形外科医院へ行ってきました

先生が言うには、「これは、低温火傷みたいだなぁ」ということなんですが、電気毛布も湯たんぽも使っていない私には、全く身に覚えはありません。こんなマメができるってことは、本来相当痛かったと思うんですが、ぜんぜん気がつかないなんて、やっぱり感覚がないってことは、怖いですね

それで、一番怖いのは、また細菌に感染してしまうこと。なんて言っても、右手の中指は、感染症から骨髄炎に至り、結局第2関節から先を切断するハメになってしまったんですから

昨日その医院にまた行って、診てもらったところ、どうも、人差指が腫れていて、怪しい感じなんです

それで、始めに処方されたのとは違う抗生物質を処方してもらい、指先などの血流を良くするという、でっかい注射を一本、打ってもらいました。これで、良くなってくれればいいんですが…人差指はパソコンを使うのに、一番重要な指。これだけは、もう、失いたくないんです


でも、いいこともあったんですよ

昨日行った時、「新型インフルエンザの予防接種も受けていきますか?」と聞かれて、「ハイ!」と即決。優先接種の対象と認めてもらえたようで、来週打ってもらう予定になっていたのですが、一週間早く打ってもらうことができました

これで、インフルエンザは一安心なんですが、指の不安は消えません。なんとか、早く良くなってくれればいいんですけど


あ、それから、そういう訳で今、パソコンを打つのがとっても大変なんです

みなさんの記事にはあまりコメントを残せないと思いますが、しばらくの間、ご容赦をm(_ _)m。

相模大野のクリスマス・ツリー。 [日々の暮らし]

昨日はほぼ一ヶ月ぶりに、相模大野に行ってきました

一ヶ月前にはハロウィンの飾りつけがされていた場所に、大きなクリスマスツリーが

今年は青と白のきれいなイルミネーション



やっぱりちょっと暗いところだと、どうしてもピンボケになってしまいますね。まぁ、これはこれで、味があっていいような気もしないでもありませんが

でも誰か、手ぶれ補正付きのデジカメ、買ってくれないかなぁ…

おっと、それより、そろそろ子供たちにクリスマス・プレゼントのリクエストを聞かなくっちゃ

今年はどんなものをリクエストされるのか、恐ろしくもあり、ちょっと楽しみでもありますね!

予防接種で、うれしかった! [日々の暮らし]

昨日、季節性インフルエンザの予防接種に行ってきました!

去年も受けた、近所の同じ整形外科医院です

先日行った、内科医院では、もう、季節性の方はなくなってしまい、新型は1月になると聞いていたのですが、整形外科の方は、電話で確認したら、季節性ならすぐにやってくれるとのこと

意外と、あるものなんですね~。みなさんも、内科に聞いて「ない」と言われても諦めないで、他の科の医院にも聞いてみた方がいいですよ


ところで、今回うれしかったことがあります

予防接種を受けた整形外科医院の入り口には高さ15cmほどの段差があり、私が行くと、看護師さんやら先生やらに手伝ってもらって、よっこらしょ、と持ち上げてもらわないといけなかったんですが、今回行ったら何と!折りたたみ式のスロープが用意されていたんです


こんなやつ。

駅で、電車に乗る時に、駅員さんがホームと電車の間に渡してくれるようなやつです

ひょっとして、私のため? と思って聞いてみたら、他にも何人か、車いすで来院する患者さんがいらっしゃるようで、やっぱりそういうものが必要だということになったようです

これさえあれば、ちょっとした段差も何でもないんですけどね

何種類かあるみたいで、このサイトで調べてみたら、一番標準的なタイプで、7万円くらい

私が購入して持ち歩くっていう方法もなくはないんですが、それも大変です。できればそういう「ちょっとした」、でも車いすでは越えられない段差がある施設、ライブハウスやレストランなんかに、用意しておいてもらえると、とっても助かるんですけどね

最悪の一週間。 [日々の暮らし]

いや~、今週はひどい目に遭いました

火曜日の朝のこと。

夜中から目が覚めてしまって、手足が妙に痛いので、これはもしや? と思い、ヘルパーさんに熱を測ってもらったところ、38.3℃もあるじゃないですか!

すぐに近くの病院に電話したところ、かなり混んでいて、しかもインフルエンザの検査の結果は発熱から12時間以上経たないと出ないというので、ヘルパーさんに受付だけしてもらって、17時頃病院に行くことにしました

その間、手足、というか、腕と脚の筋肉の痛みが段々はげしくなってきて、当然仕事は「お休みさせてください」というメールを上司に入れて、寝込んでおりました

その痛みといったら、いい大人の私が「えーん、痛いよう」と泣きそうになるくらい、痛いのです。前にも経験があるんですが、熱が出ると、いっつもこうなるんですよ。まったく、外側からの刺激はぜんぜん感じないのに、この痛みだけは、どうにかして欲しいものです。とほほ…

それで、16:30頃介護タクシーに来てもらい、病院へ。受付を済ませておいていただいたおかげで、さほど待たされることもなく、先生に診てもらいました

早速、聞いていた通り、鼻の穴に綿棒を突っ込まれて、インフルエンザの検査。

で、待つこと15分くらいですかね~。看護婦さんから「結果は、陰性です」と。先生の診断によると、ただの風邪だったみたいですね

でもその翌日。何と間の悪いことか、ちょうど、2ヶ月毎に行っている大学病院の神経内科の受診の予約が入っていたんです。病院に電話して、熱があるので受診を来週か再来週にして欲しい旨を話すと、次に先生の予約が取れる日は12月2日だと言います。それじゃぁ、薬がなくなっちゃうよ…

幸い、熱は37℃台に下がっていましたので、本当は寝ていたかったんですが、がんばって行くことにしました

大学病院は予約制とは言え、待ち時間がかなり長いのです。

こちらでも、念のためインフルエンザの検査をしてもらいましたが、やはり結果は陰性

でも、やっぱり具合が悪くなって、結局その翌日、木曜日まで仕事を休むハメになりました

おかげ様で、今はすっかり痛みも取れ、今日は普通の生活が出来るようになりましたが

しかし、本物のインフルエンザにかかったら、痛みはもっとはげしいはず

新型のワクチンが打てるのは、どうやら年明けになるようですが、それまではできるだけ外出は控えて、家でじっとしていることにするのがいいのかも知れませんね


新型インフルエンザウィルスの電子顕微鏡写真

みなさんも、お気をつけを

選挙に、ハロウィンに、クリスマス。 [日々の暮らし]

今日は、朝からしとしと雨が降っています

昨日の天気予報で、今日は雨だと言っていたので、昨日、また期日前投票に行ってきました

そう、参議院議員の神奈川県補欠選挙

民主党政権になって初めての、国政選挙です

補正予算の見直し、来年度予算編成、八ッ場ダムに、羽田のハブ空港化、普天間基地移転問題、郵政民営化の見直し、そして、脱官僚政治の実現…。民主党にとっては、政権運営の最初の審判がくだされる、とても重要な選挙です。神奈川県民のみなさん、それから、静岡県民のみなさん、投票には行きましたか?


で、その帰り。相模大野駅に寄ったら、大きなハロウィンの飾りつけがされていました

ちょっとピンボケになってしまいましたが、その写真です



大きなおばけカボチャ、ジャック・オー・ランタンが吊るされていました。

ハロウィンというと、映画「E.T.」の中で、E.T.が白い布を被って仮装のフリ?をしていたのを思い出します。そもそもハロウィンを知ったのは、あの映画だったような気もしますね。今では日本でも、すっかりメジャーになりましたけど

ハロウィンというのは、そもそも、ケルト人の収穫感謝祭が、カトリックに取り入れられて生まれたキリスト教のお祭りだそうです


ケルト人と言えば、ケルティック・ウーマン

ケルティック・ウーマンのご機嫌なクリスマス・ソングを、YouTubeで見つけました



そういえば、今日で、クリスマスまであとちょうど2ヶ月です。

相模大野駅の飾りも、11月になったら、すぐに巨大なクリスマス・ツリーに変えられるのでしょう

そして、あっという間に今年も終わり、2010年を迎えるのですね

本当に、最近は月日の経つのが早く感じられます。やっぱりこれって、歳のせい?
前の10件 | - 日々の暮らし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。